読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学生になっても、反抗期継続中です。 辛い。

家族

f:id:nakanakanakkarin:20160228085447j:plain

「反抗期」。

健全な10代男女は、必ず通る道です。

で、僕はとっくに大学生だというのに、それを克服できてません。

 正直、辛いです。そしてウザいです。

 

その窮状を説明するために、今日の僕の夕飯のハイライトをお届けしますね。

 

 

 J( 'ー`)し 

  「ごはんできたよおおおおおお」

(*゚Д゚)   

「ンー。」

 

f:id:nakanakanakkarin:20160228090246j:plain

J( 'ー`)し    「・・・・」    モグモグ

 

(*゚Д゚) 「・・・・」 モグモグ

 

J( 'ー`)し    「・・・・」    モグモグ

 

(*゚Д゚) 「・・・・」 モグモグ

 

 J( 'ー`)し    「・・・・」    モグモグ

 

(*゚Д゚) 「・・・・」 モグモグ

 

 

 ニュース 

「...アメリカ大統領選の候補者選びで、ドナルドトランプがトップになりました。」

 

 ドナルド   

「我々はメキシコとの国境に、壁を建設する!! 強姦犯のメキシコ人をUSAから叩き出せ!!!」

 

観衆    ウォォォォォォ(熱狂)

 

J( 'ー`)し   

「この人・・・この人の排外的な言いかたが、いかにもアメリカ人って感じがするわ」

 

J( 'ー`)し    「この人嫌いだわ」

 

J( 'ー`)し   

「あなたはどう思う?この人(トランプ)はアメリカの大統領にふさわしいと思う?ふさわしいと思うならなんで?思わないなら誰がいいと思う?その理由は?あっごはん粒落としたわよ」

 

 (#*゚Д゚) 「ンー(怒)。」

 

J( 'ー`)し    「あら、トランプがいいの?」  

 

(*゚Д゚) 「ンー。ンー。」

 

J( 'ー`)し    「そう・・・・」    モグモグ

 

(*゚Д゚) 「・・・・」 モグモグ

 

いかがでしょうか。まるで会話が成り立っていませんよね(僕のせいですが)。

で、黙ってるこちら側も、それはそれで気まずい。

だから少しでも早く気まずいディナーを終えるために、早食いする。

それで胃腸を刺激してしまい、翌朝下痢で苦しむ。

辛いです。

 

 

 が!!!GAですよ、実際に「あなたはどう思う?」ときかれたらなんかイラッとするんですよ。メシはまだしも、ちょっと1人でリラックスしているときに「自分の部屋掃除しなさい!!」とか言われると超超超メンドクサイ。

 

f:id:nakanakanakkarin:20160228090912j:plain

 (めんどくせえ・・・)

 

 

そんな めんどくさい時は、すべて「ンー」で解決。常道ですよね。

 

J( 'ー`)し    

「どうして帰るの遅くなるって連絡しなかったの!?」    

 

(*゚Д゚) 「ンー。」 

 

J( 'ー`)し   

 「ちょっと、窓の結露ふいといてって言ったよね!?」    

 

(*゚Д゚) 「ンー。」 

 

J( 'ー`)し   

「トイレのドア、開けっぱなし!! 洗面所の電気、つけっぱなし!!なにもかもがぱなし、ぱなし!!」    

 

(*゚Д゚) 「ンー。ンー。ンーンーンンンwwww」 

 

 

 

(*゚Д゚) 「ケホケホッ」※むせた

 

J( 'ー`)し   

「あらっ大丈夫??薬飲む??最近カゼはやってるらしいから気を付けなさいよ。」

 

(*゚Д゚) 「・・・・・」

 

※学校に行くとき

J( 'ー`)し   

「いってらっしゃい。自転車のバッテリーとカイロは置いといたわ。寒いから気を付けて。」

 

(*゚Д゚) 「ンー。」

 

 

 

 

まあその、母も母でいろいろ気にかけてくれてはいると思います。

 

でも、過度に干渉されるとこちらが委縮してしまうんですよ。

 

そして、その背景にあるのはめっちゃ怒られた過去の記憶。

例えば小学生の頃。

 

(母に持たされた)お菓子と婚約指輪を間違えて友達の母親にあげちゃったときは、

ヤバかった。

 

J( 'ー`)し (*゚Д゚)ではとても再現できません。

あと、なにかモノをなくすたびに、

 

J( 'ー`)し   

「私が何度も整理整頓しとけと言ってるのに、なぜしない!!!

 あなたはね、整理整頓ができない病気なのよ!!

 その病気は一生治らないのよ!!」

 

と罵倒された覚えがある。

最近では保険証かな。

 

 

これらの経験から

「ああ、俺はお母さんから嫌われてるんだ。たまにいい顔をするのは、俺を騙すためな

 んだ。」

と思うようになり、自分から話しかけることはしなくなりましたね。

それが唯一の実行できる反抗だったから。

 

 

 

結論。反抗期の原因は親と子が「近すぎる」ことだ。

 で、なんで母といるとこんなにつらいのかなーと考えてみたんですが、

母と子の距離が近すぎたのが原因ですね。

お母さんはいるのが当たり前。

当たり前すぎて、むしろ邪魔。

それは「子→母」のみならず、「母→子」でも同様です。

僕の家の場合、父が単身赴任だから余計にそうなるんですよ。

 

 

とゆうわけで、全国のお母さまに提案です。

息子の反抗期がめんどくさかったら、海外留学に行かせてやりましょう。

あなたがあなたの息子に、少し距離を置くためにも。