読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大塚国際美術館は初心者でも絶対感動するから行くべし

旅行


大塚国際美術館!


徳島県鳴門市にある、イケてる美術館です。


先日、この大塚国際美術館に行ってきました。



展示品の全てが偽物。だが楽しめる

さてこの美術館、何1つとして本物のオリジナルを展示していません。全部、ニセ物です。

でも、撮り放題触り放題。

いくら作品の前でパシャパシャやろうが、怒られることはありません。僕もかなり撮りました。


f:id:nakanakanakkarin:20160905182512j:plain

(『印象、日の出』モネ・クロード)


f:id:nakanakanakkarin:20160905182948j:plain

(『ムーラン・ド・ラ・ギャレット』ルノワール・オーギュスト)


そして、何よりも

・至近距離で
・じっくりと

楽しめるのがいいですね。

とにかく敷地が広いので、多少人が入ろうが勝手にバラけるんですよ。土曜午前に行きましたが「混んでるな~」とは全く思いませんでした。

f:id:nakanakanakkarin:20160905183532j:plain
(休日の大塚国際美術館)


感動するスケールの「原寸大」展示物

大塚国際美術館に来たなら、

・システィーナホール
・スクロヴェーニ礼拝堂
・最後の晩餐
・ゲルニカ

の4つは絶対見たほうがいいです!

「なるほど、本物はこんな大きさなのか!」
という感覚が身につきます。

f:id:nakanakanakkarin:20160905184344j:plain
(スクロヴェーニ礼拝堂内部)

模様の細かいところまで忠実に再現されていました。聖書を読んできたらもっと感動しただろうな・・・。



それから、「最後の晩餐」ですね。
長年のずさんな管理によって腐食が進み、1977年~1999年の22年間にかけて修復作業が行われました。

大塚国際美術館では、「修復前」と「修復後」に2つを同時に見ることができるんです。


f:id:nakanakanakkarin:20160905185135j:plain
(修復前)


f:id:nakanakanakkarin:20160905185142j:plain
(修復後)

この2つが向かい合って展示されています。

じーっと注意深く観察すると


f:id:nakanakanakkarin:20160905185357j:plain

聖者キリストが「口」を開いていたり


f:id:nakanakanakkarin:20160905185534j:plain

机の下に「足」が描かれていたり、

教科書の写真では気づかない発見がありました。



本物が展示されてある有名美術館で

「あっ修復後のキリストの口が開いている!」
「修復前の状態だとよくわからなかったけど、本当はこうなんってたんだ!」

なんて、そんなところまで考える余裕はないですよね。



そして、「ゲルニカ」!!


f:id:nakanakanakkarin:20160905193505j:plain

f:id:nakanakanakkarin:20160905193542j:plain

f:id:nakanakanakkarin:20160905193638j:plain


「・・・なんかよくわからんが・・・すげえ・・・」


すごすぎてよくわかりませんでした。

でも、こんな20世紀を代表する超有名作品を

ソファで座りながら、くつろいで見ることができる大塚国際美術館はすげえ。


この美術館、広すぎ

はい、大塚国際美術館、広いです。いや、広すぎる。

1000余点の作品が地下3階から地上2階まで約4kmに渡って展示されています。
歩きやすい履物でお越しください。

鑑賞のサポート|美術館を楽しもう|大塚国際美術館 - 四国 ・ 徳島県の美術館 観光施設 -


なので、1つ1つの作品をじっくり鑑賞しながら・・・

というのは丸1日使ってもムリです。

なので、
気になる作品リストをあらかじめ作っておいたり、
シャシャーと歩いて「おっ?」となった作品の前だけ立ち止まる・・・みたいな鑑賞スタイルをとるとよいでしょう。


ただ、ソファーやカフェなど、休憩できる施設は充実しています。

f:id:nakanakanakkarin:20160905195020j:plain

レストランで注文した「モネのランチ(1000円)」。
中央は鶏のミンチで作ったハンバーグっぽいもの。まあまあでした。あと冷めてた・・・


普通に「海鮮丼」とかを頼んだほうが無難でしょう。味噌汁には徳島特産のワカメが使われていて、おいしいですよ。

僕が入った12時頃には行列ができていたので、余裕を持って昼食をとりましょう。


結論 楽しかった!

広い館内を歩き続け、かなり疲れましたが
「わざわざ行く」価値、ありました。

ふと目にとまった絵に心奪われたり、
実物の原寸大を見て新しい発見を得たり・・・

大塚国際美術館はとても満足できる場所です。


みなさんもぜひ、大塚国際美術館行こうっ!