読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安い加湿器を買ってはいけない

あなたの加湿器、それで大丈夫ですか?

最近寒いですね。
寒いと空気が乾燥し、喉の痛みやカゼの原因となってしまいます。

そこで、
「加湿器でちゃんと加湿しようぜ!!!」

という話になるのですが、


やっすい加湿器は買わないほうがいいです。



f:id:nakanakanakkarin:20161206234330j:plain:w400

安いのだと2000円ぐらいのやつもある加湿器。


「ええっ二千円で加湿器が買えるなら、数万円の加湿器っていらなくね?」

「加湿器に数万使うって、バカじゃねーの??」

と思っていた時期が僕にもありました。


しかーーーーーーーーーーーーーーーーし!!!
そこには「罠」があります。


安い加湿器の罠その1:自動調節機能がない

「安い加湿器は、湿度を計っていない。」
ハイブリッド式って何?加湿機のおすすめ方式と選び方 | 白物家電ブログ

安物は、基本的に「加湿」しかしません。


そもそも部屋の加湿は快適な室内環境を実現するためのものであって、

「部屋は湿度が高ければ高いほどいい」

というわけではないですよね。当然ながら。


で、永遠に部屋が加湿される結果どうなるかというと・・・

・大量の結露
・カビ
・気持ち悪い「蒸し暑さ」


に襲われます。

金払って部屋の空気を悪くするという、本末転倒な結果になりかねません。


安い加湿器の罠その2:電気代がヤバい

安物の加湿器の大部分は
水を沸騰させ、その湯気で加湿するという「スチーム式」を用いています。

さてこのスチーム式、水を沸騰させなあかんものだから
電気代がスゴい!!
参考までに、今僕が使っている加湿器(スチーム式)の電気代は1時間5.7円。

f:id:nakanakanakkarin:20161206230629p:plain
加熱式加湿器 SHM-260D 全4色 H272041F│アイリスプラザ│アイリスオーヤマ公式通販サイト



1日8時間、1ヶ月運転したとすると
5.7×8×30=1368円。

もうちょっと大容量のタイプになると1時間8.7円に跳ね上がり、
ひと月2000円超になります。


ふだんの電気代にプラス千円ないし二千円されるのは、ちょっと気が重たいですよね。

狭い部屋ならまだしも、リビングなどでスチーム式加湿器を使うのは避けた方がよいでしょう。


部屋の空気には思い切った投資を


呼吸は人生で最も基本的かつ重要な行為です。

だから、部屋の空気を良くしたら人生もよくなるはずです。

たかが加湿器とテキトーに考えずに、
じっくり検討して快適な室内環境を目指しませんか?


最後に、僕が加湿器を勉強するのにとても参考になったサイトを紹介します。これを読んで、加湿器の知識を身につけましょう。
siromonoblog.com


おわり